責めない


他人が間違ったことを言ったり、行ったりしたときに、無意識

的に責めてしまうことがあります。また、思うように言えなか

った自分、満足するように出来なかった自分を責めてしまう

こともあります


責める理由は、おもに、それが間違いである(と感じている)

から、であります

正しい間違い、の判断基準がある限り、この責める、という

行為は消えていかないのかもしれません


しかしながら、世の中のことをよくよく見渡していると、

正しい間違いというのは、時代によっても、地域によっても、

人によっても変わってゆくものであり、突き詰めると絶対と

いうものは無いようです


例えば、天体などは、大昔は、天が動いているとされましたが、

そのうち、地球が動いているとなり、さらには、天(太陽、

銀河系)も地球も動いている、そして、天も地球も不確定な

動きをしているようだが、観察者であるわれわれの意識が、

一定の動きがあると認識しているだけ、という考え方まで、

変遷を遂げてきております


それぞれの時代での正しい(と信じられてきた)ことが、

次の時代では間違いに変わってしまうことも、よくあること

なのです


そうは言っても、われわれの生活の中で、一定の前提条件の

もとには、正しい(であろう)、間違い(であろう)という

ことは、言えるようですが、これとて、前提条件が変われば

、逆になってしまうこともよくあるのです


例えば、温湿布と冷湿布、どちらがどのように効果がある

のでしょうか。同じ痛みに対して、どちらも効果があるよう

にも思えますが、いかがでしょうか。


正しい、間違いに、あまり執着せずに、おおらかに、人それ

ぞれの見方がある、もちろん、自分の見方もある、という

視点で、人も自分も、そのまま、ありのままを認めて、受け

容れてあげることが求められているのかもしれません


まずは、今の自分を責めないこと、そして、それが周りの人を

責めないことに、自ずと繋がってゆくような気がしております



ありがとうございます
Thank you

よろしければ
ポチっと↓ Please click↓
人気ブログランキングへ



FC2Blog Ranking



「thanksall-豊かで幸せな自分に還る-」書籍のご案内はこちら


スポンサーサイト

コメント

 色々あってずいぶんとご無沙汰してしまいました(^^;
 リンクまで貼っていただいたのに、お礼を書くのが遅くなってしまい、申し訳ありません&本当にありがとうございます^^
 あ、本もじっくりと楽しませて頂いていますよ~。
 すばらしい本を世に送り出していただけたことに感謝~@


「人はえてして、他人より自分に対して残酷である」
 とは誰の言葉だったか忘れてしまいましたが、
 全くそのとおりだと常に感じています。

 「自分という人間」を「自己」であると勘違いしてしまっている間は、
 確かにぞんざいにしてしまいがちなんですよね……。

「自分という人間」は、
「この世を経験したい」という「自己」の希望を叶えるために、
「自己」をこの世に留めておいてくれている=生かしてくれている「恩人」である、
 という見方にシフトすることができれば、確かに世界は一変しますよね。

 他人をいたわるのと同じように「自分」をいたわってあげて、
 他人に優しくするのと同じように「自分」に優しくしてあげる。
 他人を褒めるのと同じように「自分」を褒めてあげて、
 他人に感謝するのと同じように「自分」に感謝してあげる。

 そうすると、他人と同じように、
 それどころか距離が圧倒的に近い分、確実に他人以上に、
 「自分」は「自己」に報いようと応えてくれる、と断言できますね。
 ありがとうございます^^

おおらかに

おはようございます(^o^)丿

これは、すべてにあてはまるとはいいませんが、

自分自身に極端に厳しい人は、人に対しても厳しいというきらいがあるようです。
逆をいうと、ponsunさんのおっしゃるように、

>今の自分を責めないこと、そして、それが周りの人を
責めないことに、

はい、そのようになると思います。

かといって、何でもOK、という意味ではなく、
これも、ponsunさんのおっしゃるごとく、

>正しい、間違いに、あまり執着せずに、おおらかに、人それ
>ぞれの見方がある、もちろん、自分の見方もある、という
>視点で、人も自分も、そのまま、ありのままを認めて、受け
>容れてあげる

ということだと、私も思います。
もっと柔軟に、おおらかな気持ちで、あまり枠にはめないで、

すると、もっともっと自分も周りも楽しくなりそうです。

今日もありがとうございました。

正しい間違い

おはようございます。ponsunさん、正しい間違い、考えさせられます。
時代と共に”正しい”の基準が変わってしまいます。
自然科学の場合、訂正すれば現代では大きな問題になりません。、ガリレオの生きた時代とは違います。
今でも明治時代に作られた法律が有効に機能しています。
立法、国会の怠慢です。
ドラックラグ、先進国では使われている最新の薬が日本では使えないことが問題になっています。
例えば、ヒブワクチンなどです。小児麻痺の薬ですが。
そのため、麻痺になった子供がいます。
残念でなりません。

お早うございます

>それぞれの時代での正しい(と信じられてきた)ことが、
>次の時代では間違いに変わってしまうことも、よくあることなのです

その通りですね
若い頃は、自分が正しいと確信していることは曲げることが出来ずにいました。
今、思えば顔が赤くなり、穴があったら入りたい入りたい思いです

学びですね

ponsunさんこんばんは^^

よくあるのは自分の常識に当てはめて物事を判断するバターンですよね。

これは今の時代には通用しないと思っています。

今の自分の在り方をまずご自身が認め、他の方の在り方を認められたら本当に楽にに生きられるだろうなと。

まだまだ修行中の身です~!

素敵な記事ありがとうございました^^

こんばんは。
これが絶対正しいと言ったら、あとが怖いですよ。
私そんなこと言えません。
だから、審判とか裁判官のような職業は私には向かない。
野球でストライク、ボールの判定をめぐって試合が中断することがありますが、私は見てるのも辛い。

欧米の人が、日本の文化を好いてくれることがあるようです。一神教の文化は生きづらいと感じるんだそうです。

正直言うと、もともと私は、自分も他人も責めてしまう方です。勤めてきて、徐々に変わってきました。

おやすみなさい

はじめまして 最近ブログをはじめた マサと言います
まだ右も左も分からず四苦八苦しておりまして
自分と表現が共感できる方に是非 自分のブログを読んでいただき
感想などいただけたらと思っています
まだ 記事少ないですが 週1くらいで更新したいと思っています

もし気に入って頂けたら相互リンクをお願いできませんでしょうか?
はじめましてで図々しく申し訳ないです」

まず見ていただけたらうれしいです(泣) 
urlです
http://nyanko21.blog.fc2.com/
よろしくです!!

はじめましてponsunさん 最近ブログをはじめた マサと言います
まだ右も左も分からず四苦八苦しておりまして
自分と表現が共感できる方に是非 自分のブログを読んでいただき
感想などいただけたらと思っています
まだ 記事少ないですが 週1くらいで更新したいと思っています

もし気に入って頂けたらたまに覗きにきていただけると嬉しいです
なんだか
はじめましてで図々しく申し訳ないです

まず見ていただけたらうれしいです 
http://nyanko21.blog.fc2.com/
またお邪魔しますっよろしくお願いします!!

ありがとうございます


せらつかさんへ

こちらこそ、せらつかさんのお部屋で、私の本のご案内を
記事にしてくださって…

あたたかいお気遣い、深くお礼申しあげます

〝「人はえてして、他人より自分に対して残酷である」
 とは誰の言葉だったか忘れてしまいましたが、
 全くそのとおりだと常に感じています

 「自分という人間」を「自己」であると勘違いしてしまって
いる間は、確かにぞんざいにしてしまいがちなんですよね……。

「自分という人間」は、
「この世を経験したい」という「自己」の希望を叶えるために、
「自己」をこの世に留めておいてくれている=生かしてくれて
いる「恩人」である、
 という見方にシフトすることができれば、確かに世界は
一変しますよね〟

私の記事で言い足りなかったことを、引用も含めて、
とても見事に説明してくださいました

〝自分に残酷、自分に厳しい〟
知らずに、そんな状態になっているのでしょうね

〝自己」をこの世に留めておいてくれている=生かしてくれて
いる「恩人」〟

ほんとうに、そのように受け止められれば、世界は一変する
でしょう。そして、紛れもなく、それは事実だと思います

〝他人をいたわるのと同じように「自分」をいたわってあげて、
 他人に優しくするのと同じように「自分」に優しくしてあげる。
 他人を褒めるのと同じように「自分」を褒めてあげて、
 他人に感謝するのと同じように「自分」に感謝してあげる〟

これは、何度でも呟きたいメッセージです

自筆で紙に書いて、部屋に貼っておくのもよいでしょうね )^o^(

ナイスタイミングのコメント、とても嬉しく思います

ありがとうございます


ひょい!さんへ

〝自分自身に極端に厳しい人は、人に対しても厳しいと
いうきらいがあるようです〟

そのようですね。自分に対する接し方が、そのまま周りとの
関係にでてしまうのですね

〝もっと柔軟に、おおらかな気持ちで、あまり枠にはめないで、
すると、もっともっと自分も周りも楽しくなりそうです〟

仰せの通りです。そのままに見て、ありのままを受け入れて、
あるがままを感じる、ですね )^o^(

自分も周りも楽しくなって、すべてが歓びのパーツになって
ゆくことでしょう

ありがとうございます


としあきさんへ

〝自然科学の場合、訂正すれば現代では大きな問題に
なりません。
ガリレオの生きた時代とは違います。
今でも明治時代に作られた法律が有効に機能しています。
立法、国会の怠慢です。
ドラックラグ、先進国では使われている最新の薬が日本では
使えないことが問題になっています。
例えば、ヒブワクチンなどです。小児麻痺の薬ですが。
そのため、麻痺になった子供がいます。
残念でなりません〟

補足の解説、引用、嬉しく思います

薬の問題は、考えさせれますね。何がよくて、何が悪いのか?
他国で良くて、なぜ自国でダメなのか?

ありがとうございます


金太郎さんへ

〝若い頃は、自分が正しいと確信していることは曲げることが
出来ずにいました〟

そういうことはありますよね。私にもいくつもありました

ありがとうございます


swing☆さんへ

〝今の自分の在り方をまずご自身が認め、他の方の在り方
を認められたら本当に楽にに生きられるだろうなと〟

まずは自分を認めることなのでしょうね。それが出来れば
自ずと周りを認められるような気がします

ありがとうございます


ベージュさんへ

〝野球でストライク、ボールの判定をめぐって試合が
中断することがありますが、私は見てるのも辛い。

欧米の人が、日本の文化を好いてくれることがあるよう
です。一神教の文化は生きづらいと感じるんだそうです。

正直言うと、もともと私は、自分も他人も責めてしまう
方です。勤めてきて、徐々に変わってきました〟

たしかに、判定の如何でゲームの行方が左右されるので、
必死なのでしょうね。私も、どちらでもいいじゃないの
って捉える方なので、あまり向いていないかも(嬉笑)

多神教、というか何でもあり、何でも受け容れてしまう
国民性
楽に見えるのかもしれませんね

ありがとうございます


マサさんへ

お越しくださり、コメント嬉しく思います

ブログ拝見しました、ドアップの猫ちゃん

可愛らしいですね

マイペースで、お続けくださいね

ありがとうございます



責める

i-237 こんにちは、いつも有難うございますv-290

空海の書に
「人の弱点をつくな、自分の長所を自慢するな」というのを見つけ、、、
自分の生活に置き換えてみました。
すると自慢は控えめですが、
親友や恋人など近い存在にはキツイ事を言っている気がします。
「姿勢が悪いから注意しよう!」
「歩き方がおかしいから腰痛になっちゃうよ!」
たぶん弱点だと思うんですが…

改善した方が絶対いいよ思う事でも言わない方が良いのですかねv-12??
時々「何を偉そうなことを言って…」
なんて自分で笑っちゃう事も有るんですが

ponsunさん ブログ見ていただきありがとうございます

自分も物の解釈や定義に悩み 周りに翻弄され苦労してきましたが
それにきづいてきたら大分 楽になりました
考え方はそれぞれで どれも正解だったり間違いだったりしますよね

また少し心が豊かになれた気がします
また来ますねー

ありがとうございます


直感馬券師さんへ

〝空海の書に
「人の弱点をつくな、自分の長所を自慢するな」と
いうのを見つけ、自分の生活に置き換えてみました。
すると自慢は控えめですが、
親友や恋人など近い存在にはキツイ事を言っている気がします。
「姿勢が悪いから注意しよう!」
「歩き方がおかしいから腰痛になっちゃうよ!」
たぶん弱点だと思うんですが…

改善した方が絶対いいよ思う事でも言わない方が
良いのですかね??〟

空海さんのメッセージ、人情の機微を捉えておられますね

弱点を突かれると嫌がるのは、自分で弱点だと認識している
からだと思います

ストレートに指摘するのではなく、相手が気づく、あるいは
自問できるような環境設定がよいような気がします

甘ちゃんですかね(嬉笑)

ありがとうございます


マサさんへ

こちらこそ、お越しくださり嬉しく思います

〝自分も物の解釈や定義に悩み 周りに翻弄され
苦労してきましたが それにきづいてきたら大分 楽になりました
考え方はそれぞれで どれも正解だったり間違いだったり
しますよね〟

そうですね。正解や間違いはよく入れ替わりますね

気づいて楽になる、素敵なことですね

ありがとうございます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日はどんな日?
最良の、最善の一日
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール

ponsun

Author:ponsun
道楽はジョギング(歴17年)&ウォーキングです!
自然がこよなく好きになってきました

メルマガ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア

人気ブログランキングへ


提供:PINGOO!
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
あなたの内に、中に ↓ひょっとしたらヒントが

ご案内
すばらしきかな、人生
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QR
        
リゾートバイトでリフレッシュ