生と死


空や雲を眺めていると、あっという間に姿、形が変わって

しまい絶好のシャッターチャンスを逃してしまう、こんな経験

は、一度や二度、どなたにもあるのではないでしょうか


自然が、絶え間なく変化しているさまを、実感される瞬間

とも言えるかもしれません


会社や学校など、いつも行っているところでも、久しぶりに

行ったりすると、景色が変わっていることを、体験したことが

あるのではないでしょうか


われわれの肉眼で見える世界でも、見て確認できる変化も

ありますが、肉眼で見えない世界でも、この世は、毎瞬毎瞬

変化を遂げているようです


われわれの身体も、生命を維持するために、大量の細胞が死滅

しては、別の細胞が生まれております。細胞の退去、死が無いと

、新しい細胞の出番、生が育まれない、ということです。


つまり、大量の細胞群は、お互いに協力しあって、生死(変化)

を繰り返し、その恩恵によって、われわれの生命が保たれて

いるというわけです


そう考えると、生とか死とかいうものは、それぞれが独立して

いるものではなく、お互いがお互いを支え合っている、生が

あるから死がある、死が控えているから生がある、それぞれ

があって変化のプロセスを完成させている、ということが

読みとれるのではないでしょうか


つまり、生と死(変化)を繰り返していることは、生きている

こと、と読み替えてもよいのでしょう


永遠不滅の魂の、本来のありようが、変化し続ける、という

ことかもしれません )^o^(



ありがとうございます
Thank you

よろしければ
ポチっと↓ Please click↓
人気ブログランキングへ



FC2Blog Ranking


スポンサーサイト

コメント

生と死を繋ぐもの

ponsunさんおはようございます!

肉体にとっても魂にとっても究極的な自分自身の変化である「生と死」。
「生」という言葉は「死」が訪れなければこの世に存在しません。
「死」という言葉も「生」というこの世の時間が神から与えられなければその意味を失います。
この生と死を繋ぐもの。
それこそが「生きる」・・生き切るという自分の人生そのものを尊ぶ言葉。
どんな人生になっても、私たちは一瞬一瞬「今を自分らしく生きる」ことを目指していけば。
ponsunさんが仰るように生で始まり死で終わる変化のプロセスを満足する形で完成出来るのだと思います。
そうすれば魂は永遠に進化し続けながらどの世でも光輝いていくものではないでしょうか。

こんにちは(^^)

おっしゃるように、古いものがなくなって、
新しいものが生まれる、また、新しいものが
生まれるために、古いものがなくなる、と
お互いが支え合っているのでしょうね。

目で見てわかる「生と死」だけではなく、細胞の生と死や、
日常的な物事が、古いことから新しいことに移り変わること、
すべてに関して、言えるような気がしました^^

ponsunさん、(* ^-^)ノこんばんわぁ♪

骨も古くなったら、また再生されると聞きました。
細胞に感謝ですし、僕は眠る時に
細胞に感謝して、みんなありがとうと言ってから
眠りについてます、おかしいですよね?(笑)
今日もありがとうございます♪
(*^-^*) ニッコリ☆

毎日が誕生日

こんばんは。
とても良いお話しで・・・。
気づかぬまま過ごしてしまうことを、このように話していただけると、とてもよく納得でき、また前向きに過ごせる気がします。

毎日生まれ変わって新しい自分が造られているのだと思うと、
楽天的な私は毎日がバースデーのような気がして、ハッピーな気分になってしまいます。

早速今夜は、今日の新しい自分をお祝いしなくっちゃ・・・(笑)

永遠の生命

PONSUNさん こんばんは♪

「そう考えると、生とか死とかいうものは、それぞれが独立して

 いるものではなく、お互いがお互いを支え合っている、生が

 あるから死がある、死が控えているから生がある、それぞれ

 があって変化のプロセスを完成させている、ということが

 読みとれるのではないでしょうか」

いい考えですよね~ そう考えたら「死」も怖くないですよね!
次に生まれてくるためには、死ななきゃいけない。死んでも次に生きるために押し出される。生命って、すごいですね~

ponsunさん、こんばんは。
私も、心身症の体調不良で10年悩みましたが、
今とても体調がいいので、
当時、痛めつけてしまった細胞は、
今は新しいものになってるのかなって
思います!
「生と死を繰り返していることは、生きていること」
仰る通りだなって、今日も感心しました。
素敵なお話ありがとうございます!

ponsunさん、

今、ローマ人の物語を読んでいます。
世界中のいろいろな国が、今までに栄えては衰退してきたんですね。

ギリシャが生きた後、死んで(失礼?)
次は、ローマが長く生きた後、死んで、
ペルシャが生きたときもあったし、
エジプトが生きたときもあった。

未来永劫生き続ける(栄え続ける)国ってないんですね。
なんだか寂しいです。

どの国も生死があるけど、
寿命が長い国と短い国があるんです。

寿命が長かった(栄えていた期間が長かった)ローマは、
自国のためだけを考えず、
他国も利益を受けるように気を使っている期間が長かった。

やっぱり、因果応報で、
いいことをすると、いいことが自分に返ってきて、
より長く生かされるんですね。

誰にでも生死はあるけど、
生きているときは、楽しく。
死ぬときは一瞬、がいいですね。


ありがとうございます。

生と死

こんばんはぁ~☆≡ ponsunちゃんチュンさん
なんちゃって(^^) ponsunちゃんへ
また難しいお題desuネッ☆≡
生と死は、考え方々も今は、お辛い方々が多い中にぃ~☆
生と死の話しで本日?誕生日だという方を偶然ponsunちゃん が記事更新される前に誕生日を迎えた女の子←私より御若い方desuが(嬉笑)
奥様は、旦那様からは、プレゼントを期待された様な話し? 旦那様の誕生日には?しっかり与えたみたいで(^^)優しい子で慌てて旦那様の お母さんから前日にチョコレートケーキをとマァ!
可愛いらしい話しでしたよ(照笑)
奥様は?酒好きで? 旦那様は嫌いな様desuネッ☆≡奥様は、寒がりで(^^)
旦那様は、暑がりと いう楽しい話しを聴きましたね☆≡
旦那様は、食事も豆腐は、厚揚げは食べれるけど?
柔らかい豆腐は、ダメだとか?
納豆がない場所の方だとダメとは不思議な旦那様でコツコツ考えて
栄養を考える若い奥様でしたね(^^) 私の家庭では、好き嫌いは、食べるモノ様もですが?
米粒一つ一つを残すのもそれは、それは、怒る話しで?
でも今は?
偏りな食事は当たり前な言葉を話す家庭が多いのも解りますね☆≡
私が小学生一年生の頃も食事の面で居残りのお陰で
大抵な日本の一般な食事も食べる有り難く私は、
生と死の間には、
人は、生が一人でもですが?
支えられて生かされていると
優しさの奥様に甘えてる旦那様に姑さんにも支えられて
食事は、自分自身が 生きる為にもと努力を大人の方の旦那様ならば願わくば、奥様にも優しさのプレゼントも与えて姑さんからではなくと☆≡関係ない様で
生きる事とは、生かされているだけでもなく沢山に守られて いるって?
本人達と私が思うだけでも(^^)
死を迎えるのを待ってる方より!
生きる気持ちで
今をどう努力していたかでしょうね☆≡
今回は、お題とズレましたが
おめでとうって思うお若い奥様に
書きたいと思う

私の子も苦手や嫌いな食べ物も
幼い時から殆ど残さない子で(^^)
まぁ、一度私も酷くマズイのを作ったのは、子も覚えておりますが!
偏ると勿体無いお化けなんて話し

程ほどにバランスよく食べさせて頂く学びは大事ですね☆≡
微笑みびーむ☆≡

ど~~も(^o^)丿

諸行無常ですねぇ~ponsunさん

私たちの身体を構成する細胞も、
生死を繰り返し、私たちが存在していますね
おっしゃるとおり生死の繰り返しが生きているということ。
エンドレス生死が生ですね!
エンドレスが無くなったら死になりますが、
また新たな生命が誕生します。
これが自然のバランス、生態系なのでしょう。

ありがとうございます(^o^)丿

こんにちは~!

いつも、素敵な気づきの時をありがとうございます~♪

この大地に ・・
生命を与えられて

一瞬 一瞬の連なりの中で
私たちは 呼吸をし 生きている ・・

細胞の 一つひとつが
肉体衣に 優しく包まれて

生きて 生かされている事への
感謝を忘れずに 生きる ・・


私たちが 夜、眠っているときでさえも
この肉体は 休むことなく働いて生かしてくれているんですよね。。
本当に、与えられた命に感謝して生きてゆきたいです。。^^


いつもありがとうございますv-392

雲の形、あるある~娘(子供)の発想は柔軟で
探し出す前に変わってしまい
怒られちゃいますv-393
「どうしてお母さんは分からないの~」なんて・・・

奥深いお話ありがとうございますv-392
生と死を繰り返しながら、生きている・・・
生きていることに感謝ですv-398

ありがとうございますv-392

深いです

生死は常に繰り広げられていることなのですね~☆
あまり考えたことがありませんでした(^^;

死を恐れたり悲しんだりすることはない。
死はまた違う世界での生であるとも聞きました(^^)

本日の記事で腑に落ちました~♪
ありがとうございます。

「ひと粒の麦、地に落ちて死なずば、唯一つにて在らん、もし死なば、多くの果を結ぶべし( ヨハネ伝12-24)」
今日はなぜかこの言葉を思い浮かべました。
私の気のせいでしょうか。
物憂げなトーンを感じました。

コメント、ありがとうございます

 

KENさんへ

〝生と死を繋ぐもの

肉体にとっても魂にとっても究極的な自分自身の変化
である「生と死」。
「生」という言葉は「死」が訪れなければこの世に
存在しません。
「死」という言葉も「生」というこの世の時間が
神から与えられなければその意味を失います。
この生と死を繋ぐもの。
それこそが「生きる」・・生き切るという自分の人生
そのものを尊ぶ言葉。
どんな人生になっても、私たちは一瞬一瞬
「今を自分らしく生きる」ことを目指していけば。
ponsunさんが仰るように生で始まり死で終わる変化の
プロセスを満足する形で完成出来るのだと思います。
そうすれば魂は永遠に進化し続けながらどの世でも
光輝いていくものではないでしょうか〟


〝この生と死を繋ぐもの。それこそが「生きる」〟
まさに、そういうことですね。この生と死の連携の
なかで、われわれは生かされているようです

〝「今を自分らしく生きる」ことを目指していけば、
~魂はどの世でも光輝いていく〟
そういうことだと思います。〝今を自分らしく〟
という言葉に集約されそうです )^o^(

ありがとうございます




りい子☆さんへ

〝おっしゃるように、古いものがなくなって、
新しいものが生まれる、また、新しいものが
生まれるために、古いものがなくなる、と
お互いが支え合っているのでしょうね。

目で見てわかる「生と死」だけではなく、細胞の生と死や、
日常的な物事が、古いことから新しいことに移り変わること、
すべてに関して、言えるような気がしました^^ 〟


〝新しいものと古いものが支えあっている〟
そういう仕組みとなっているようです

〝古いことから新しいことに移り変わること、
すべてに関して、言える〟
仰るとおりでしょう。絶え間なく、移り変わっている
のでしょう )^o^(

ありがとうございます




motomaruさんへ

〝骨も古くなったら、また再生されると聞きました。
細胞に感謝ですし、僕は眠る時に
細胞に感謝して、みんなありがとうと言ってから
眠りについてます、おかしいですよね?(笑)〟


〝骨も古くなったら、また再生される〟
そうですね。絶え間なく、再生活動が行われている
ようです

〝細胞に感謝して、みんなありがとうと言ってから
眠りについて~〟
素晴らしい習慣だと思います。細胞ちゃんたちも、
喜んで働いてくれることでしょう )^o^(

ありがとうございます




夏雪草さんへ

〝毎日が誕生日
こんばんは。
とても良いお話しで・・・。
気づかぬまま過ごしてしまうことを、このように
話していただけると、とてもよく納得でき、
また前向きに過ごせる気がします。

毎日生まれ変わって新しい自分が造られているのだ
と思うと、楽天的な私は毎日がバースデーのような
気がして、ハッピーな気分になってしまいます。

早速今夜は、今日の新しい自分をお祝いしなくっちゃ
・・・(笑) 〟


毎日が日曜日ならぬ〝毎日が誕生日〟
言い得て妙。そのとおりだと思います

毎日誕生している自分、私も祝福し続けたい
と感じ入りました )^o^(

ありがとうございます




miorpoetさんへ

〝永遠の生命

「そう考えると、生とか死とかいうものは、それぞれが
独立しているものではなく、お互いがお互いを
支え合っている、生が あるから死がある、死が控えて
いるから生がある、それぞれがあって変化のプロセスを
完成させている、ということが 読みとれるのでは
ないでしょうか」

いい考えですよね~ そう考えたら「死」も怖くない
ですよね!
次に生まれてくるためには、死ななきゃいけない。
死んでも次に生きるために押し出される。生命って、
すごいですね~〟


〝そう考えたら「死」も怖くない〟
自ずとそのようなとらえ方に導かれるような気が
いたします。死を怖れることがなければ、
この世の一切は怖れる対象ではなくなるのでしょう

〝生命って、すごい〟
本当にすごいことだと思います。忘れても、すぐに
この事実を思い出すことでしょう )^o^(

ありがとうございます




ayanaさんへ

〝私も、心身症の体調不良で10年悩みましたが、
今とても体調がいいので、
当時、痛めつけてしまった細胞は、
今は新しいものになってるのかなって
思います!
「生と死を繰り返していることは、生きていること」
仰る通りだなって、今日も感心しました〟


〝痛めつけてしまった細胞は、今は新しいものに
なってる〟
仰せのとおりでしょう。同じように見えても、
まったく新しい細胞に変わっているようです

〝今とても体調がいい〟
何よりですね。その感覚、フィーリングを、今
味わうことなのでしょう )^o^(

ありがとうございます




ひよこさんへ

〝今、ローマ人の物語を読んでいます。
世界中のいろいろな国が、今までに栄えては
衰退してきたんですね。

ギリシャが生きた後、死んで(失礼?)
次は、ローマが長く生きた後、死んで、
ペルシャが生きたときもあったし、
エジプトが生きたときもあった。

未来永劫生き続ける(栄え続ける)国ってないんですね。
なんだか寂しいです。

どの国も生死があるけど、
寿命が長い国と短い国があるんです。

寿命が長かった(栄えていた期間が長かった)ローマは、
自国のためだけを考えず、
他国も利益を受けるように気を使っている期間が
長かった。

やっぱり、因果応報で、
いいことをすると、いいことが自分に返ってきて、
より長く生かされるんですね。

誰にでも生死はあるけど、
生きているときは、楽しく。
死ぬときは一瞬、がいいですね〟


〝未来永劫生き続ける(栄え続ける)国ってない〟
そうですね。盛者必衰ということでしょうか

ローマのお話は、興味深いですね。因果応報は、
物理法則のようなものかもしれませんね )^o^(

ありがとうございます




サニー☆夢Chanさんへ

〝また難しいお題desuネッ☆≡
生と死は、考え方々も今は、お辛い方々が多い中にぃ~☆
生と死の話しで本日?誕生日だという方を偶然ponsunちゃん
が記事更新される前に誕生日を迎えた女の子
←私より御若い方desuが(嬉笑)
奥様は、旦那様からは、プレゼントを期待された様な話し?
旦那様の誕生日には?しっかり与えたみたいで(^^)
優しい子で慌てて旦那様の お母さんから前日に
チョコレートケーキをとマァ!
可愛いらしい話しでしたよ(照笑)
奥様は?酒好きで? 旦那様は嫌いな様desuネッ☆≡
奥様は、寒がりで(^^)
旦那様は、暑がりと いう楽しい話しを聴きましたね☆≡
旦那様は、食事も豆腐は、厚揚げは食べれるけど?
柔らかい豆腐は、ダメだとか?
納豆がない場所の方だとダメとは不思議な旦那様で
コツコツ考えて栄養を考える若い奥様でしたね(^^)
私の家庭では、好き嫌いは、食べるモノ様もですが?
米粒一つ一つを残すのもそれは、それは、怒る話しで?
でも今は?
偏りな食事は当たり前な言葉を話す家庭が多いのも
解りますね☆≡
私が小学生一年生の頃も食事の面で居残りのお陰で
大抵な日本の一般な食事も食べる有り難く私は、
生と死の間には、人は、生が一人でもですが?
支えられて生かされていると
優しさの奥様に甘えてる旦那様に姑さんにも支えられて
食事は、自分自身が 生きる為にもと努力を大人の方の
旦那様ならば願わくば、奥様にも優しさのプレゼントも
与えて姑さんからではなくと☆≡関係ない様で
生きる事とは、生かされているだけでもなく沢山に守られて
いるって?
本人達と私が思うだけでも(^^)死を迎えるのを
待ってる方より!生きる気持ちで今をどう努力していたか
でしょうね☆≡
今回は、お題とズレましたが
おめでとうって思うお若い奥様に書きたいと思う

私の子も苦手や嫌いな食べ物も
幼い時から殆ど残さない子で(^^)
まぁ、一度私も酷くマズイのを作ったのは、子も覚えて
おりますが!
偏ると勿体無いお化けなんて話し

程ほどにバランスよく食べさせて頂く学びは
大事ですね☆≡  微笑みびーむ☆≡〟


お友達の奥様とご主人さま、ご様子が窺えるようです

〝優しさの奥様に甘えてる旦那様に姑さんにも支えられて〟
素適な奥様とご家族ですね。おめでとうのメッセージが
伝わっていることでしょう )^o^(

ありがとうございます




ひょい!さんへ

〝諸行無常ですねぇ~ponsunさん

私たちの身体を構成する細胞も、
生死を繰り返し、私たちが存在していますね
おっしゃるとおり生死の繰り返しが生きているということ。
エンドレス生死が生ですね!
エンドレスが無くなったら死になりますが、
また新たな生命が誕生します。
これが自然のバランス、生態系なのでしょう〟


〝諸行無常〟
そういうことですね
〝エンドレス生死が生〟
うまく表現してくださいました

〝エンドレス〟→終わりがない
肉体は入れ替わっても、われわれの存在は
終わりがないのかもしれませんね )^o^(

ありがとうございます




かのこさんへ

〝この大地に ・・
生命を与えられて

一瞬 一瞬の連なりの中で
私たちは 呼吸をし 生きている ・・

細胞の 一つひとつが
肉体衣に 優しく包まれて

生きて 生かされている事への
感謝を忘れずに 生きる ・・


私たちが 夜、眠っているときでさえも
この肉体は 休むことなく働いて生かしてくれて
いるんですよね。。
本当に、与えられた命に感謝して生きてゆきたいです。。^^〟


〝一瞬 一瞬の連なりの中で 私たちは 呼吸をし 
生きている〟
まさに、そういう状態でしょう
〝一瞬、一瞬の連なり〟=生きる、ということなの
でしょう

〝この肉体は 休むことなく働いて生かしてくれて
いる~本当に、与えられた命に感謝して生きてゆきたい〟
素直に同感いたします。感謝せざるをえません )^o^(

ありがとうございます




椿窯の妻さんへ

〝雲の形、あるある~娘(子供)の発想は柔軟で
探し出す前に変わってしまい
怒られちゃいます
「どうしてお母さんは分からないの~」なんて・・・

奥深いお話ありがとうございます
生と死を繰り返しながら、生きている・・・
生きていることに感謝です〟


〝お嬢さまの発想は柔軟〟
分かりますねぇ。そのまま、ありのままを、
思った通りの言葉で、表現してくれるので
しょうね

〝生と死を繰り返しながら、生きている・・・
生きていることに感謝〟
この不思議な存在である、われわれの生に
感謝ですね )^o^(

ありがとうございます




きみどりめがねさんへ

〝深いです
生死は常に繰り広げられていることなのですね~☆
あまり考えたことがありませんでした(^^;

死を恐れたり悲しんだりすることはない。
死はまた違う世界での生であるとも聞きました(^^)

本日の記事で腑に落ちました~♪〟


〝死を恐れたり悲しんだりすることはない。
死はまた違う世界での生である〟
そういうことなのでしょう。生死は常に繰り広げられて
いることに、意識を向けていると、自ずと、恐れたり、
悲しんだりすることはないと、感ずるのでしょう )^o^(

ありがとうございます




ベージュの財布さんへ

〝「ひと粒の麦、地に落ちて死なずば、唯一つにて在らん、
もし死なば、多くの果を結ぶべし( ヨハネ伝12-24)」
今日はなぜかこの言葉を思い浮かべました。
私の気のせいでしょうか。
物憂げなトーンを感じました〟


〝ひと粒の麦、~もし死なば、多くの果を結ぶべし〟
なるほど。そういうことですね

〝物憂げなトーンを感じ〟られましたか
もののあはれ、に通ずるようなことかもしれませんね )^o^(

ありがとうございます

タミリン

お久しぶりです~
今回のテーマは、究極チックですね~

こんにちは

いつもありがとうございます。
ん~。
ちょっと今回は難しい話でしたね。
勉強になりました^^v

お久しぶりです

ponsunさん 訪問できない間にも、
あし@残して下さり、ありがとうございましたm(_ _)m

生と死
そうですよね。
生命を維持するために、大量の細胞が死滅しては、
別の細胞が生まれてるんですよね。
人間.動物だけではなく、きっとこの世にあるもの、
消耗品も、最近では、リサイクルで、
生と死を繰り返してるんですよね。
番組で、前世はどんな人だったのか?とか見ると、
今生きてる細胞だけではなく、前世から現世.
来生へと繋がっていますね。

深い哲学 宇宙の謎ですね

ponsunさま。

>生とか死とかいうものは、それぞれが独立して

>いるものではなく、お互いがお互いを支え合っている
>生があるから死がある、死が控えているから生がある
>それぞれがあって変化のプロセスを完成させている、

う〜〜ん、考えさせれました。死があるから生がある
生があるから死もある。相反するようだけど生と死は
ある意味 同じものかもしれませんね(変な言い方ですが)
だけど、私達はその当たり前の事に気付かない振りをして
生きているようです。(特にミー子は)
親もいつまでも生きてくれるもの、自分の死も余り考えたく無い、目を逸らせたいです。だからこそ、明日はどうなるか
分からない。そんな気持ちで「一期一会」を大切にして
いきたいとあらためて思いました(^^)

ponsunさん、いつもありがとうございます。

止めることができない

常に変わり続けることは、時間の流れを止めることができない、ところから来ている気がいたします。

時間が止まってしまえば、そこに生も死もないですが、誰も時を止めることは、できませんし、戻すこともできません。

誰もが避けられない死をどう迎えたいか、迎えるかで、生き方が決まってくると想います。

死や病気は、生を考える、よいきっかけですね。

ありがとうございます。

生と死と

生と死を繰り返して、生きている。
深いですね。
原子や分子レベルでは、生も死もない、とも言えそうですが、それが集まると生命になる。
不思議です。

輪廻転生

こんばんは
長い間伺えませんでしたが、足跡ありがとうございます
最近、人の死に直面します。
ご近所の人であったり友人の夫さんであったりとか・・・。
いずれ滅びる命も、このような考えで過ごすことで余り暗くならないで生きていけますね^^
今日を大切に生きることを改めて思いました。
ありがとうございます

コメント、ありがとうございます



タミリンさんへ

〝お久しぶりです~
今回のテーマは、究極チックですね~〟


〝究極チック〟
たしかに。われわれが生きていること、
それ自体が究極チックなのでしょう )^o^(

ありがとうございます




“夢空間”マツダさんへ

〝ん~。
ちょっと今回は難しい話でしたね。
勉強になりました^^v〟


難しかったでしょうか
普段の生活で、あまり意識していない
ことかもしれません )^o^(

ありがとうございます




こたつねこさんへ

〝生と死
そうですよね。
生命を維持するために、大量の細胞が死滅しては、
別の細胞が生まれてるんですよね。
人間.動物だけではなく、きっとこの世にあるもの、
消耗品も、最近では、リサイクルで、
生と死を繰り返してるんですよね。
番組で、前世はどんな人だったのか?とか見ると、
今生きてる細胞だけではなく、前世から現世.
来生へと繋がっていますね〟


〝今生きてる細胞だけではなく、前世から現世.
来生へと繋がって~〟
そういうことなのでしょうね。輪廻転生と言われますが、
変化を続けながらも、繋がりあっているということ
なのでしょう )^o^(

ありがとうございます




ミー子さんへ

〝深い哲学 宇宙の謎ですね

>生とか死とかいうものは、それぞれが独立して
>いるものではなく、お互いがお互いを支え合っている
>生があるから死がある、死が控えているから生がある
>それぞれがあって変化のプロセスを完成させている、

う~~ん、考えさせれました。死があるから生がある
生があるから死もある。相反するようだけど生と死は
ある意味 同じものかもしれませんね(変な言い方ですが)
だけど、私達はその当たり前の事に気付かない振りをして
生きているようです。(特にミー子は)
親もいつまでも生きてくれるもの、自分の死も余り
考えたく無い、目を逸らせたいです。だからこそ、
明日はどうなるか分からない。そんな気持ちで
「一期一会」を大切にしていきたいとあらためて
思いました(^^)〟


〝相反するようだけど生と死は ある意味 同じもの
かもしれません〟
ここにスイッチがあって、オンが生、オフが死、
スイッチ自体(われわれの本質)には何の変化もない
、そのようなことかもしれません

〝「一期一会」を大切にしていきたい〟
同じ思いです )^o^(

ありがとうございます




インディタダさんへ

〝止めることができない

常に変わり続けることは、時間の流れを止めることが
できない、ところから来ている気がいたします。

時間が止まってしまえば、そこに生も死もないですが、
誰も時を止めることは、できませんし、戻すことも
できません。

誰もが避けられない死をどう迎えたいか、迎えるかで、
生き方が決まってくると想います。

死や病気は、生を考える、よいきっかけですね〟


〝常に変わり続けることは、時間の流れを止めることが
できない、ところから来ている〟
なるほど。変化と時間の流れ、この関係は密接なもの
なのですね

〝死や病気は、生を考える、よいきっかけ〟
そういうことなのでしょう。お互いを知るために、
お互いが存在しているとも考えられます )^o^(

ありがとうございます




ondoyamaさんへ

〝生と死と

生と死を繰り返して、生きている。
深いですね。
原子や分子レベルでは、生も死もない、とも
言えそうですが、それが集まると生命になる。
不思議です〟


〝原子や分子レベルでは、生も死もない〟
そういうことですね。

〝それが集まると生命になる。不思議~〟
本当に不思議ですね。考えれば、考えるほど… )^o^(

ありがとうございます




yumeさんへ

〝輪廻転生

最近、人の死に直面します。
ご近所の人であったり友人の夫さんであったりとか・・・。
いずれ滅びる命も、このような考えで過ごすことで
余り暗くならないで生きていけますね^^
今日を大切に生きることを改めて思いました〟


〝いずれ滅びる命も、このような考えで過ごすことで
余り暗くならないで生きていけ~〟
そのように受け止めてくださり、光栄です
自ずと、ただここに在ることが歓び
私自身、そのような感覚になってております )^o^(

ありがとうございます

生と死

真っ先に思ったのが般若心経です

色不異空 空不異色 色即是空 空即是色

不思議な四文字熟語の世界

人類が生と死を繰り返し、繰り返し、築き上げてきたこの世界

それも46億年の中の、たったの数千年

原子力の世界に踏み込んだ人類は・・・・

半減期が30年などというレベルではありません

プルトニウムが数億年の警告

そんなことをいろいろ連想するログでした

ありがとうございました

英さん。へ

 
〝真っ先に思ったのが般若心経です

色不異空 空不異色 色即是空 空即是色

不思議な四文字熟語の世界

人類が生と死を繰り返し、繰り返し、築き上げてきたこの世界

それも46億年の中の、たったの数千年

原子力の世界に踏み込んだ人類は・・・・

半減期が30年などというレベルではありません

プルトニウムが数億年の警告

そんなことをいろいろ連想するログでした〟


〝不思議な四文字熟語の世界〟をイメージされましたか
不思議な世界、というのが正直な感想ですね

〝プルトニウムが数億年の警告〟
過去、何度も高度な文明が発達したものの、みな核で
文明が滅んだ、と説いている方もおられます
いつか来た道、を繰り返しているのでしょうか )^o^(

ありがとうございます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日はどんな日?
最良の、最善の一日
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール

ponsun

Author:ponsun
道楽はジョギング(歴17年)&ウォーキングです!
自然がこよなく好きになってきました

メルマガ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア

人気ブログランキングへ


提供:PINGOO!
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
あなたの内に、中に ↓ひょっとしたらヒントが

ご案内
すばらしきかな、人生
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QR
        
リゾートバイトでリフレッシュ